無印の脚付きマットレスにヘッドボードを自作した

我が家では夫婦と子供3人が同じ部屋で寝ています。
長男がもう少し大きくなったら別の部屋になると思いますが、まだ甘えたなのでしばらくはこのままかな。

というわけで、将来的に仕切る予定の寝室には無印良品の脚付きマットレスでダブルベットとセミダブルベッドを並べて寝ていました。ただ、ベッド2つではやっぱり狭い…。そこで、シングルベッドを追加して並べました。

なのですが、我が家の寝室は構造上どうしても大きくせざるを得なかった柱が出っ張っていて、ベッドが2つの時は柱を避けて並べていたのですが、3つになるとベッドを壁につけることができなくなりましした。

この隙間を埋めるべく、1x4材と1x8材で超簡単なヘッドボードを自作してみました。

超ざっくり図面を書いて。


(実は細かいところで色々間違っていて、最終的には現場合わせで色々変更しました)

必要な木材をネットで発注。

あとは、木材をねじ止めして完成(作成中は必死で写真を撮ることを考えてませんでした…)。

完成形はこんな感じ。

自立はしないので、ベッドと壁で挟んで支えている状態です。
脚を工夫すれば自立させることもできそうだけど、特に困っていないからこのままでもいいかな。

天板はネジを出したくなかったので、裏側からL字金具で脚に固定しています。
本当は全体的にネジを隠したかったけど、強度と木材の精度の問題で、手前の板はがっちりねじ止めしました。

ヘッドボードがなかった時に比べて、空間が引き締まったような気がします。

あと、寝る時メガネとかスマホを置けるので便利。

無塗装のままですが、多分このまま使い続けると思います。