ビカクシダ ビーチーをワイヤーメッシュに

はい。また着生ネタです。

なんでこんなに着生ばっかりやってるのかというと、ブログのネタ切れに加えて、トキワシノブの着生をやった時に、水苔を戻し過ぎてしまい、大量に余っているからです。

いやまあ、また乾燥させて保管するなりすればいいんですけど。せっかく戻したんで。

というわけで、早速取り掛かります。今回着生させるのはビカクシダのビーチー。
3号ポットに入った苗の状態で販売されていて、買ってきてからも2ヶ月近くポットのままベランダに放置されてしまっていたかわいそうな子です…。

そのせいか貯水葉は逆に反ったような形になっていて、胞子葉だけぐんぐん成長しています。

一旦、水苔で玉にしてベランダに吊るしてたんですが、貯水葉がそんな感じなのですごくバランスが悪いので、いっそのこと平面に着生させれば少しは良くなるのではないかと考えた次第です。

では早速作業開始です。

まずは苔玉になっている部分をむしり取っていきます。

根に少しの土だけの状態になったら、水苔で包みます。例によってこの時点で一旦麻ひもで縛っておくと後の作業が楽になります。

包み終わったら、ワイヤーメッシュのいい感じの位置に置き、また麻ひもで縛り付けていきます。
この際、貯水葉の上から縛っていってもいいみたいですが、なんとなく見た目が嫌なので貯水葉の下を通して縛り付けました。

壁にかけた時に落下しないよう、下から上に持ち上げるような感じで縛っていきます。

実はこの過程も写真を撮っていたはずなのですが、間違って削除してしまったのか残ってませんでした…。

縛り付けたら完成です!

ビーチーは葉のシャープな感じがいいですね。

胞子葉は買ってきた時の倍くらいの長さになってきたので、今後が楽しみです。