ブラック・アンド・デッカーのマルチツール プラスが超便利!

先日、ずっと使っていたLifelex(コーナンのPB)製ドリルドライバーが壊れてしまったのでブラック・アンド・デッカーのマルチツール プラス「EVO183P1」を購入しました。これがなかなか良かったので紹介します。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1

そもそも、電動工具はドリルドライバーしか持っていませんでした。なので、木材は購入時にカットするか手鋸で一生懸命切る、サンドペーパーは手動でシュコシュコかけていくということをやっていました。

最近DIYをやる機会が増えてきたこともあり、他の工具も揃えたいなーと思っていた矢先にそれまで使っていたドリルドライバーが故障してくれましたしまいました。買い替えを検討していた時にEVO183P1を見つけ、それぞれ単体で買うより安い!ということで購入を決めました。


ブラック・アンド・デッカー マルチツール プラスとは?

ドリルドライバー・インパクトドライバー・電動サンダー・丸ノコを一台でこなす電動工具です。さらに、別売りのアタッチメントに交換することでジグソーやトリマーなどにも変身する、まさにマルチなツールです。アタッチメントは単体の工具を購入するよりも安く抑えられるのでお財布にも優しいです。

EVO183P1には、コードレスの本体に上記4つのアタッチメント、バッテリー×2、充電器が付属します。個人的には丸ノコ・サンダーという必要性を感じていた工具が同梱されていて、ドリルドライバーとインパクトのどっちを買えばいいか迷っていたのに両方付属していることが購入の決め手になりました。

使用感は?

まだ数回使用しただけですが、ドリルドライバー・インパクトドライバーについては全く不満はありません。もともと使っていたのが超安物ってのもありますが、ライトなDIYには必要十分です。ただし、付属しているビットが種類も少なくてイマイチなので、これは別で購入した方が良いと思います。

丸ノコは最大切込深さが21mmとなっています。なので、それ以上の厚みがある板をカットしようと思うと両面からカットしないといけません。これは人によってはデメリットが大きいかもしれません。私も25mmの板をカットする際に両面からカットしてしかもちょっと位置がずれてしまい、断面を整えるのがちょっと面倒でした。

サンダーは、そもそも本体がドリルドライバーに最適化したような形になっているのでややかけづらいです。本体に重みがないので、ちょっと力をかけながら使わないと綺麗に当たりません。コツを掴むまでは暴れまくって大変です。

と、上記のようなデメリットはありますが、それでも1台でこれだけこなせるのはライトなDIYユーザーにとってはメリットが大きいです(特に価格的な)。

あと、アタッチメントの交換時にトリガーに触れてしまうことがあるので、しっかりロックをかける、またはバッテリーを外してから交換した方が良いかと思います。

今後、トリマーやジグソーのアタッチメントも使ってみたいですねー。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1